コラーゲン摂取のデメリット

banner コラーゲンは体に良くて、体を作る上でも大切な成分ですが、持病がある人にはお勧めすることが出来ません。病気とは体のどこかの機能が低下していて、正常に働いていない状態のことなので、そこへ過剰な栄養を送り込んでしまうと処理しきれないからです。全ての病気に対してコラーゲンの摂取が悪いと言うわけではなく、特定の疾患には気を付けなければいけないということです。例えば腎臓関係の腎炎、腎不全、ネフローゼ症候群等にはよくありません。他にも、たんぱく質を沢山摂ってはいけない病気、肝臓関係の急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、幹細胞癌等の場合にもコラーゲン摂取がかえって病状を悪化させる場合があります。妊娠中や痛風の気がある人、コレステロールが高めな人にもコラーゲンの過剰摂取は良くないとして控えるように指導されることがあります。

食物アレルギーがある人は、自分が摂取しようとしているコラーゲンの由来をよく調べなくてはいけません。豚や牛由来の場合、その食材に対してアレルギーのある人が摂取するのはもちろんいけません。
すっぽん小町に使われているはがくれすっぽんは、爬虫網カメ目なので魚由来のコラーゲンということになります。哺乳動物由来のコラーゲンにアレルギーがある人にも安心して飲むことが出来ます。

注目コンテンツ

コラーゲンが沢山含まれる食品

記事をみる

すっぽん小町のコラーゲン

記事をみる

はがくれすっぽんって何?

記事をみる

Copyright(c) すっぽん小町でプルツヤ生活を送りましょう. All Rights Reserved.